サイバー

 本日は、県警本部主催のサイバー犯罪対策の講義に参加してきました(^o^)
(私がいちばん欲しかった内容までは及びませんでしたが)けっこうオモロかったわ。
d0057463_1958626.jpg

 ワンクリック詐欺などの不当支払い請求、会場には実際に「うちにも請求が来たけど払うべきでしょうか?」という質問が出たりしていましたよ。←あるんやね〜
ネットが児童買春などに利用されている実態とか、
二〜三年前に実際に起きた、書き込みが原因で二百人くらいの中学生が乱闘になった「ハマの不良サイト」の話には、笑う所じゃないんだけど笑ってしまった。

 個人が発信する情報は、信憑性が高いものもあるけど、同時に精査しづらいものも混じっていて裏付けが無い主観だけのものも多いとか(そこが知りたいという人もいるだろうけど)

私もけっこう垂れ流してますね(苦笑)。

「悪意のある悪口」と、もうひとつは、「単なる日常会話をそのままの言葉遣いで書いてしまったことによってトラブルに発展したケース」とか

「言葉」というところとはまた違って「文字(活字)」発信という側面もあり

ここは以前から私も気になっていて、ひとつの単語に対する感情は人によってバラバラだし、最初から前提そのものがまったく違う相手だと通じにくいのは自然なことだけど、

同時に知らないことに遭遇したり調べたりする楽しみもネットにはあるので

(私はあまり知らないけど)プロフなんかだと、「友達に見せるために」自分の写真や情報を載せたりしてるけど、世界中に発信しているという自覚が少ない、とか。

取ったメモを書いてみました。
実例をまじえた、興味深い講義でしたよ。

私は人数やコメントが多い所が必ずしも良いサイトだとは思っていないところがあるので、好きなところは継続して見ているけど多くなさそうなところもけっこうある、最後には相性としか言いようがないけど。

とりあえず、今日もこんなところをわざわざ見に来てくれてどうもです<(_ _)>。
[PR]
by miton_nakagawa | 2009-02-08 20:40